《著書》  
・『3分あれば世界は変わる〜ウルトラマンが教えてくれること〜』 2015年 内外出版社(単著)
・『ウルトラマン「正義の哲学」』2015年 朝日新聞出版  (単著)
・『ウルトラマンは現代日本を救えるか』2012年 朝日新聞出版 (単著)
・『ウルトラマンと「正義」の話をしよう』 2011年 朝日新聞出版 (単著)
・『M78星雲より愛をこめて』 2003年 文芸社 (単著)

《論文》    
・「メディア研究の意義-『ウルトラ』シリーズを題材として in 鳥取大学(2016年8月)-」『地域学論集 鳥取大学地域学部紀要 第13巻第2号  2016年』(佐藤匡氏と共著)※査読有り
・「メディア研究の実践-『ウルトラ』シリーズを題材として in 鳥取大学(2016年2月)-」『地域学論集 鳥取大学地域学部紀要 第13巻第1号  2016年』(佐藤匡氏と共著)※査読有り
・「メディア研究の視座 - 『ウルトラ』 シリーズを題材として-」『地域学論集 鳥取大学地域学部紀要 第12巻第3号 2015年』(佐藤匡氏と共  著)※査読有り
・「地方都市の実情を踏まえた学力向上策」『地域マネジメント学会 平成26年度学術大会論文集』2014年(単著)※査読有り
・「地域における教育についての一考察−北海道苫小牧市の事例から−」『地域マネジメント学会 平成25年度学術大会論文集』2013年 (佐 藤匡氏と共著)※査読有り
・「メディアを読み解く力−ウルトラマンを題材に−」『昭和大学富士吉田教育部紀要 第8巻 』2013年 (佐藤匡氏と共著)※査読有り

《研究発表》 ・「ポピュラーカルチャーと二次創作―二次創作生成の過程とその特徴についての考察―」コンテンツ文化史学会2014年大会

神谷 和宏(かみや かずひろ)
1973年 北海道出身
批評家/国語教師/北海道大学 大学院 国際広報メディア・観光学院 博士後期課程

 大学時代から『ウルトラマン』を研究。国文学や現代思想の方法で、怪獣や異形の表象性を探る「怪獣表象論」を研究。
 世界は言葉で成り立つという視点から、テクストの読解は世界を知ることと考え、現代社会を題材に批評活動を開始。
 また、現代的な文化表象にまでパースペクティブを広げることでの国文学の復興について考えている。

〈興味ある分野〉
国文学(源氏物語、テクスト論など)・ポピュラーカルチャー・現代思想・生徒指導・教育社会学

《学歴・学位》  
駒澤大学 文学部国文学科卒業/学士(国文学) 
放送大学 大学院 文化科学研究科 修士課程修了/修士(学術)
北海道大学 大学院 国際広報メディア・観光学院 国際広報メディア専攻 博士後期課程 2017年より在籍中

《学位論文》
日本文学における異形の精神史――戦後怪獣映画への影響を探る視座から(修士論文)
 

上記以外の業績は「Works」参照